Fallout New Vegas:モハビ旅

Fallout雑記とMOD紹介  ご質問ありましたらお気軽にどうぞ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SVT-40


2013-04-14_00003.jpg
ソ連製のトカレフM1940半自動小銃SVT-40を追加します。
入手場所はドクミッチェルの家

【MODはこちらから】




2013-04-14_00007.jpg
トカレフ拳銃で有名なトカレフ技師が開発した半自動小銃。
1930年代には連射できる軽機関銃や拳銃弾を使用するサブマシンガンが既に開発されていたものの
フルサイズのライフル弾を歩兵が携行しながら撃てる小銃はまだなかった。そこで各国はこの半自動小銃の開発に着手する。

ソ連もその例外ではない。
当時モシンナガンが全軍に普及していたがボルトアクション式で連射はできなかった。
そこでトカレフ技師はモシンナガン狙撃型とも代用できる狙撃可能、なおかつ連射できる半自動小銃の開発を行った。
1932年には試作型を完成させるが機関部がまだまだ未熟で実用レベルには程遠かった。6年の改良期間を経て1938年
SVT-38が完成し前線へ配備。しかし当時弾薬に粗悪弾が混入していたためSVT-38はその粗悪弾を発射すると薬莢が銃内部で弾け故障するケースが相次いだ。また無理に軽量化を図ったため破損事故も相次いだ。

1940年にSVT-40として改良された。弾薬についての改良点や重量についてがそのほとんど。
しかし肝心の寒冷地域での動作が思うように成果が出ず、動作不良を起こすこともあった。
狙撃用の金具等にもがたつきが出て照準がズレこむこともしばしば。
しかしフィンランドでは狭い距離での連射力とその攻撃力が評価されてフィンランド軍が好んで鹵獲した。
その他、1941年にソ連で生産された全小銃のうち3分の1がSVTだった。

しかし前線部隊は操作の面倒なSVT-40を切り捨てモシンナガンへ戻った。
1944年には生産が打ち切られ580万挺程度の生産にとまった。内5万ほどが狙撃仕様だったといわれる。
ソ連軍での評判こそ悪かったがその半自動という革新的動作方式はドイツ軍も評価し、鹵獲されたSVT-40がGew43の開発に影響を与えた。

2013-04-14_00008.jpg
2013-04-14_00002.jpg


スポンサーサイト
  1. 2013/05/19(日) 13:20:24|
  2. FONVMOD 武器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Gimp試し | ホーム | Mauser C96>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tomhelix.blog.fc2.com/tb.php/312-fd5b93fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

神鉈悠

Author:神鉈悠
当サイトはあまり他のサイトさんで扱っていないMODを扱っています!(主に銃火器)
Nexusの他、ModGamesというロシアのサイトも紹介しているので注意してください。リンクは大歓迎です!

最新記事

カテゴリ

Oscar 0-1 (5)
SecretHistoryOfRiot (3)
Girl's Shotgun Party (61)
FONVMOD 武器 (230)
FalloutNVMOD その他 (10)
FalloutNVMOD 防具/服 (49)
FalloutNVMOD 建造物 (5)
FalloutNVMOD (1)
Fallout3 (5)
FONV (12)
GECK (4)
未分類 (10)
FalloutNV MOD一覧 (0)
NifSkope (16)
自作MOD (13)
勝手に移植MOD (2)
スクリーンショット (2)
日記 (15)
STALKER SOC (1)
STALKER SOC MOD (1)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

アクセスカウンター

ツイート

管理人のツイッター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。